株式会社ジツタ
本社 愛媛県松山市三番町4丁目9番地12

電話(代表) 089-931-7175

メールフォームでのお問い合わせ


 

○ 地籍調査システム「Assist地籍調査版」
○ 森林測量システム「Assist森林測量版」
○ 調査測量システム「ARUQ GIS・森林・地籍」
○ GIS/GPS連携システム「ARUQ for GIS」
○ 木材検収システム(音声認識システム)

ソフトウエア開発

GPSやレーザーレンジファインダー等の計測技術をコアに、PCやPDA、
アンドロイド端末上で動作する特定業務向けのアプリケーションを開発しています。
特定のハードウエア(機種やメーカー)に依存しないオープンなシステム構築を
目指しています。

 

 

 

 

 

 

地籍調査システム カタログダウロード

 

地籍調査システム「Assist地籍調査版」
○ 森林測量システム「Assist森林測量版」
○ 調査測量システム「ARUQ GIS・森林・地籍」
○ GIS/GPS連携システム「ARUQ for GIS」
○ 木材検収システム(音声認識システム)


地籍調査システム「Assist地籍調査版」


Assist(地籍調査版)は、地籍調査における一筆地調査(E工程)の省力化を目的に開発されました。
一般的な使用方法は屋外用のペンコンピュータにソフトウエアをセットして、公図や地形図・航空写真を背景に、杭や杭番号、境界線などを書き入れます。
インターネット環境があれば、国土地理院の電子国土やGoogleMap(オプション)が背景地図として利用できます。ソフトウエアは簡単な操作性に重点を置いた設計で、手書きで図面を書くようにだれでもすぐに使えます。
もちろんコンピュータならではの豊富なチェック機能を持たせ、エラーデータは即座に警告します。
地籍調査における杭情報(点名や種類)は、非常に重要ですが、手作業ではわかり難い情報も瞬時に検索や表示が可能です。
同日に複数班(台)で使用しても完璧な合成が可能で、図面の清書はもちろん読み合わせなどの事務所での内業はほとんど不要です。オプションとしてシステムはGPS やデジタルコンパスとも接続でき、山間部での調査に威力を発揮します。








Assistは「土地区画
図等の測量図面作成
システム」として
特許取得しています。



 





 

森林測量システム


 

地籍調査システム「Assist地籍調査版」
● 森林測量システム「Assist森林測量版」
○ 調査測量システム「ARUQ GIS・森林・地籍」
○ GIS/GPS連携システム「ARUQ for GIS」
○ 木材検収システム(音声認識システム)


地籍調査システム「Assist地籍調査版」


森林を管理するためには、整理・集約した地図と帳簿が不可欠です。 しかし、広大な面積、データ量の多さなど、森林測量や管理に、多くの人手と時間を必要としてきました。
GIS や衛星写真や航空写真の利用で、より森林の状況を把握することができ、森林作業計画や、実行を効率よく進めることができるようになりました。
インターネット環境があれば、国土地理院の電子国土やGoogleMap(オプション)が背景地図として利用できます。
当社の森林測量システムはさらに、簡単な操作で大幅な作業効率化を実現します。一人での測量が可能な上、簡単操作で導入しても難しくて使えない、面倒な操作が多い、といった煩わしさがありません。
ユーザーの立場にたった豊富な機能によって、効率化をすすめる亊ができます。
AssistソフトウエアはGPS測量とコンパス測量に対応し、この2種類のデータを混合して処理が可能な日本で初めてのソフトウエアです。また、一つのソフトウエアで、測量計算や必要な帳票出力を行う実測管理システムとして、また同時に林小班の情報管理も可能なため、GIS(オプション)としてご利用いただけます。したがって、森林の維持管理や施業に必要な要素をAssistひとつですべて賄うことができます。
Assistは当社の森林用PDAシステム に記録されたGPSやコンパス観測データを事務所で編集し、地図や面積計算書を印刷したり、他のソフトウエアへのデータの受け渡しを行います。Assistは印刷の様式も多種類用意しています。同時に出力項目の自由度が高いため、必要とする属性印刷ができます。編集機能は簡単に既存の地図に座標を与え、地図を背景にして観測データを表示し、データの削除や検査を簡単に行えます。また、簡易CAD機能を使用してポイントを結線で結びラインやポリゴンを生成し路線長や面積を求め、地図や計算書などを印刷することができます。また、他のソフトウエアにデータを受け渡すフォーマットも各々の業界標準フォーマットを用意し、ユーザーが使用する他のGISシステムやCADシステム、Excel等のアプリケーションへのデータの受け渡しが簡単に行えるオープンなシステムです。
今日、森林は低炭素社会や循環型社会の実現のために重要性を増しています。社会的な資産である森林の整備の計画や実施には、正確な情報を簡単かつローコストに蓄積することが必須です。Assistは、現地測量から計算や図化、持続的な管理までの一連の作業すべてをまかなえるソフトウエアです。Assistは、技術革新によって誕生する機器に速やかに対応するとともに、森林管理を行うための最強のシステムとして最適なソリューションを提供し続けます。
近年、山を熟知した人材が減少しつつあります。
森林情報をできるだけ早い段階でデータ集積することをお勧めします。








Assistは「土地区画
図等の測量図面作成
システム」として
特許取得しています。









 

森林測量システム


 

地籍調査システム「Assist地籍調査版」
○ 森林測量システム「Assist森林測量版」
● 調査測量システム「ARUQ GIS・森林・地籍」
○ GIS/GPS連携システム「ARUQ for GIS」
○ 木材検収システム(音声認識システム)


地籍調査システム「Assist地籍調査版」


ARUQは、森林・地籍・GISでの調査・測量の簡素化を目的として開発されました。
GPSとコンパスの混在使用が可能で、代表的なデジタルレーザーコンパスTruPulse360に対応しています。
PC用ソフトウエアAssist Officeにセットされた計画図や地形図などの座標を持った背景地図をARUQへ切り出します。
現場で見慣れた地図を背景に調査・測量し、データの形状等を確認しながらの作業が行えます。
今までは事務所に帰ってからしか確認できなかった測量精度や面積、形状の全てが現地で把握できます。
コンパス測量にも対応しており、放射・逆放射・前方交会・2方向からの周囲測量などができます。
ShapeファイルなどのGISフォーマットにも対応していますので、GISシステムへの取り込みも容易にできます。
森林測量・地籍調査・GISデータ収集などの分野で効率化が図れます。 現在、国や地方自治体によりGISのベースとなる基盤情報が整備されています。データ収集の困難な山間部などは情報の集約が遅れ、GISでの活用が進まないという現状があります。
GISを活用し、高度な分析や迅速な判断を可能にするには、必要なデータを素早く簡単に収集し、ベースとなる基盤情報の精度を上げていくことが急務です。 Windows Mobile上で動作するARUQは、Assist Officeから広域エリアの背景地図を切り出し、境界や路網をPDA上に表示させ効率的な調査・測量が行えます。
GPSやデジタルレーザーコンパスを組み合わせ、様々な環境下で誰でも簡単にすぐに使用できます。








ARUQは「測量方法
および測量演算装置」
として特許取得して
います。









 

森林測量システム


 

地籍調査システム「Assist地籍調査版」
○ 森林測量システム「Assist森林測量版」
○ 調査測量システム「ARUQ GIS・森林・地籍」
● GIS/GPS連携システム「ARUQ for GIS」
○ 木材検収システム(音声認識システム)


地籍調査システム「Assist地籍調査版」


 


ARUQ for GISは、GISで整備されたデータを手軽にモバイルGPSへ取り込み、現地でGISデータの更新・観測を行うトランザクションツールです。
ファイル形式は汎用性のある、ShpファイルとGeoTiffデータ(ワールドファイルも可能)を用いてモバイルGPSシステム「ARUQ」へ転送し、現地での確認・属性更新・データ観測を行います。
モバイルGPSで更新・観測されたデータは再びShpファイルを経由して、GISデータに更新されデータメンテナンスが完結します。
これにより、GISデータの現地更新業務が飛躍的に向上いたします。












 

森林測量システム


 

地籍調査システム「Assist地籍調査版」
○ 森林測量システム「Assist森林測量版」
○ 調査測量システム「ARUQ GIS・森林・地籍」
○ GIS/GPS連携システム「ARUQ for GIS」
● 木材検収システム(音声認識システム)


地籍調査システム「Assist地籍調査版」



木材検収システムには、2種類のモードがあります。森林調査用(立木検知)と販売用(伐採された原木検知)です。いずれもAndroid OSを搭載したタブレット等で動作します。

従来、立木検知は検尺を立木に当てて値を読み上げる作業者と、記帳する作業者の2名で行う必要がありました。また、伐採後の原木検知も木口にメジャーを当てて値を読み上げる作業者と、記帳(手簿)する作業者の2名がかりで行っていました。

新開発された検収システムは、読み上げた音声を自動認識させることで、これらの作業が1人で行えるる画期的なシステムです。
値はデジタル機器に記録されるため、即座に本数や材積の集計が可能になり、聞き違いによるミスや転記ミスはもとより、事務所に戻ってからEXCELなどに入力する手間も一掃されました。

このシステムはデジタル機器を使用する事により、GPSによって得られた正確な位置と時間と検知の結果を、携帯電話網でリアルタイムに他の情報機器(例えば事務所のPCやGISシステム)に送ることが可能になりました。

林業分野における情報化は、生産性向上とコスト削減の為の喫緊の課題です。現場の要素(川上)をデジタル情報として収集するこのシステムは、従来、断続的にしか実現されていなかった木材流通の情報化を促進し、林業を革新的に変える可能性を秘めています。